Beauty

「化粧水」はあまり意味がない理由④~化粧品の成分表の見方~

「化粧水」はあまり意味がない理由①~5年以上使ってません♡~
「化粧水」はあまり意味がない理由②~5年以上使ってません♡~
「化粧水」はあまり意味がない理由③~ほぼ無料で出来る天然の化粧水~

前回からの続きになるのかどうか分かりませんが、今回は化粧水の成分について書いてみます^^

化粧水の成分は、

・水
・油分
・美容成分
・乳化剤(水と油を混ぜるため。界面活性剤)
・防腐剤(水が腐らないように。フェノキシエタノールなど)

のだいたい5つで出来ています。ご存知の方も多いかもしれませんが、成分のほとんどは水です^^

で、化粧品のパッケージに記載されている成分表の記載方法にはルールがあり、これは法律で決められています。

その記載方法は4つ、

全成分を配合量の多い順で記載する。
②配合量の多い順に記載して、配合成分 1%以下は順不同で記載する。
③着色剤以外の成分を配合量の多い順に記載し、その後に着色剤を順不同に記載する。
④着色剤以外の成分を②に準じて記載した後、着色剤を順不同に記載する。

まぁ、いろいろありますが、ちょっと知識に入れておくといいのが「配合量の多い順に書いてあるんだなぁ」ということ!!

化粧水を使っている方は、使っている化粧水の成分表をチェックしてみてください^^

成分表の一番最初は「水」となっているかなと思います。

つまり、「水」が一番多く配合されているというわけですね!

でも水だけだと意味ないから、油分や美容成分を!

ただ混ぜるだけじゃ混ざらないから、乳化剤を!

それだけだと水が腐るから、防腐剤を!

って、何かいいものを加えると同時に、ケミカルなものも増えていきますね。。^^;

そして、一番多く配合されている成分が、水じゃなくて「美容成分」だとしても、浸透するのは角質層まで!ということでした。

※前回までの記事を参考にしてみてください♪

美容成分が多く配合されていれば、その分お値段も上がりますし、それを角質(死んだ細胞)に与えるのは、なんとももったいない気がします^^;

それだったら、肌がどこで作られるか?に着目し、そちらにケアとお金をかける方がいいですね^^

というわけで、次回は、肌がどこで作られるか?について書いてみたいと思います。