Australia

改めてオーストラリアの良さを考察。

私のスキンケアは、オーストラリアの時から変わらずやっているものなので、アメブロで紹介する時に、過去の記事をリンクすることが多々あります。

ブログは2012年からやっているので、その時の出来事や心情が見れておもしろいのですが、昔の記事を見ると、私は本当にオーストラリアに住みたかったのだなぁと感じます。

その件を、先日アメブロの方にも書いたのですが↓、

【超レア】Mulberry(マルベリー)非売品エコバック♪

オーストラリアっていうよりも、”好きな人が住んでいるゴールドコーストという街”だったんですよね笑

まぁ、彼抜きでもオーストラリアは今でも本当に大好きで、周りからも「なんでそんなにオーストラリアがいいの?」ってめっちゃよく聞かれるので、改めて考えてみました!

オーストラリアのいいところ7選

いろいろ考えてみましたが、なんか言葉にすると味気ないです笑

1.銃がないので安全

オーストラリアは銃規制があるので、そこそこ安全な国です(日本ほどではないですけど)。

確かに、治安の悪い場所も存在しますが、それは日本も同じですね。。

基本的には治安がよく、安心して海外生活を満喫できる国だと思います!

※でも海外なので日本の感覚とは異なります。

2.土地が広いためか、おおらかな人が多い

基本的におおらかな人が多い気がします。

シドニーとかのシティに行けば違うんでしょうけど、それでもオーストラリア独特のシステム(↓)などを見ても、やっぱり大らかな気がします。

オーストラリアのショッピング方法〜LAY-BY〜

おそらく国民性でしょうね。

私は完璧主義で神経質なので、こういう環境が、私を緩ませてくれて、とても心地いい(^^)

3.フレンドリーな人が多く地元感を味わえる

オーストラリアは親日家が多く、フレンドリーな人が多いです!

バーベキューや誕生日会をする時に分け隔てなく誘ってくれたり、助けを求めればいろいろ手伝ってくれたりします。

そもそもシェアルーム、シェアハウスの習慣があるので、他人と生活を共にすることに慣れている気がします。

”ノリ”があれば、だいたい楽しめます笑

4.チップ文化がない

私、チップ文化が苦手です。。笑

いくらあげればいいのか分からないし、もらえるまで待たれたりして、少ないとあからさまに態度に出されたりするし笑

お金を払いたくないんじゃなくて、いいサービスを受けたら、喜んでお支払いしたいけど、たまに「なんでだよっ!」っていう時あるし。

分からないから、最初からサービス料として、金額に含めてもらった方が楽です。

その点、5つ星ホテルとか、サービス料として取ってくれるので楽だなと思う。

まぁ、慣れないっていうのもありますけど、とにかくチップ文化苦手なので、それがないオーストラリアは楽!

5.時差がない

日本の真下で、縦移動なので、時差がないんですよね。

これ体的に、めっちゃ楽です!!旅行の度に昼夜逆転って、30代を超えるとしんどいですね笑

飛行機の中でちゃんと寝れれば、到着した日から思いっきり遊べるし、お得♪

6.いい意味で観光に力を入れていない笑

オーストラリアって、いい意味で「観光に力を入れていない国」なんですよ笑

例えば、ハワイ(主にワイキキ)って、ほぼ観光で成り立っているじゃないですか。。

ワイキキを歩いていても、観光のためだけに作られたパラダイスっていうのが好きじゃないです。

街中、日本語表記で溢れているし、日本語を話せる人ばかりだし、海外に来た!っていう気がしない。。(↓)

ハワイとオーストラリア☆

ワイキキの光と闇の差も激しくて、前回ハワイに行った時に、友達の友達にプライベートツアーをしてもらったのですが、メインの街を抜けたら浮浪者のテントばかりで、これまた興ざめしました。

オーストラリアにも治安が悪い地域はありますけど「いい意味で全て素のままの状態」なんですよ。すぐそこに人々のリアルの暮らしがある。

私が逆に聞きたい!なぜハワイがそんなにいいのか?

7.日本人だからといってえこひいきされない笑

これは、「観光業に力を入れていない」っていうところにつながるのですが、観光客だからと言って、えこひいきされません、一切!!笑

例えば、英語が聞き取れなくて「pardon?」と聞き直す時、普通だったら、ゆっくり英語を話してくれるか、違う単語を使って分かりやすく話してくれるか、日本語を話してくれるかじゃないですか!

オーストラリアの場合、ただ単に聞こえなかったのだと思われ、同じ速さ、同じ単語でリピートされます。

何回か繰り返しても分からない場合は、呆れられたり、諦められたリします笑

観光にそこまで力を入れてないんで、エネルギーを使って相手に分かってもらおうとという気がそこまでありません。。

稀に最後まで付き合ってくれる人もいますけど、親日家か、下心があるか、本当にいい人か、のどれかですね(^^;)

結論です!!

まとめると、オーストラリアはいつでも”素”の状態なので「違う土地に来た!」というワクワク感があります。客ではないという設定で!笑

おそらく私の好きな旅の仕方なのだと思います。

昔から、その土地のリアルを見るのが好きだったから。なので、その土地のスーパーマーケットとか、地元の人が通うレストランとか、ワクワクする!!

作られた感がない、ありのままの土地に行くことで、プライドも見栄も、なんか全て降ろせて緩む。。。みたいな。

あぁ、だから疲れた時に行きたくなるのか。納得!!

ずっと変わらないでほしいな。