Beauty

合成ポリマーは肌に悪い?

image

こんばんわ☆
先日の、「世界の日本人妻は見た!」で、パースが紹介されていましたね♪

ゴールドコーストとはまた違った雰囲気のパースも、いつか行ってみたいと思います☆
私のブログは、オーストラリアですと、
ブリスベン在住の方の読者が一番多く、その次にパースの方が多いです☆

日本の皆さんもいつもありがとうございます☆

今日は、天気だったので、私の必須美容アイテムを洗ってみました☆
ファンデーションのスポンジも、定期的に洗うのがベストですよん♪

さて、今日は、「合成ポリマーは肌に悪い?」について書いてみようと思います☆

化粧品には必ずって言っていいほど配合されている「合成ポリマー」☆
水分を保持することができるため、肌触りがよくなり、見た目もきれいになります☆

しかし、肌に合成の膜を作り上げているだけで、
いわば、皮膚に「サランラップを覆っている」状態です☆
ですので、残念ながら、実際の肌がよくなったわけではありません☆

サランラップで皮膚を覆っている状態を作り出していたら、
皮膚呼吸ができなくて、なんだか肌に悪そうですよね。。

でも、合成ポリマーの一番の害はこれではありません☆

正直なところ、昼間は肌が活性化しているので、
高い美容液をつけても、あまり意味がないように、
肌にとって相当悪いものをつけない限り、それほど問題ではないと思います☆

もちろんいいものをつけるに越したことはないですけどね。。

そんな合成ポリマーの一番怖いところは、皮膚にくっつき落ちにくいということ!!

落とすためには、合成界面活性剤がたっぷり入ったクレンジングが必要になります☆

合成界面活性剤は、皮脂膜を溶かし、肌バリアを破壊します☆
結果的に肌の免疫力が弱まり、
ちょっとしたことで肌トラブルを起こしやすい肌になってしまうのです。。

で、最近流行っている「クレンジング不要」の化粧品☆

私ものうのうと、先日、インスタにある化粧品をアップしてしまいましたが、
成分表を見てみると、がっつり合成ポリマー入ってました(-_-)

いろいろ調べてみたところ、

「クレンジング不要」=「合成ポリマーを一切使っていない」

というのではなく、

「合成ポリマーを少ししか配合していません」という意味合いが強いようです。。

こちらの記事参考※「ポリマー」って何?!

もちろん、洗い残しがあると、肌にどんどん溜まっていき、
これまた肌トラブルの原因になります☆

ですので、「クレンジング不要」のプチプラコスメには、注意が必要かも。。しれませんね(^_^;)

ちなみに、合成ポリマーの代表的なものは、ジメチコン、メチコン、ヘシロキシケイサンなど。。
特に、「~メチコン」は、ほとんどの化粧品に入っていると思うので、
チェックしてみてください☆

こういった成分も少しづつ勉強していきたいと思う、今日この頃です☆:*・゚(●´∀`●)*・゚