Beauty

シミが出来ない肌になるには?~その1~

ニキビ同様(こちら→久々に出来たニキビ対処法)、肌が健康であれば、

出来てしまったメラニンも、ちゃんと排出されます^^

しっかり排出されれば、シミにもならないですね!

そもそも、作られたメラニンがシミになってしまう場合というのは、だいたいは、

●メラニンが排出できないほど作られてしまう
●ターンオーバーが乱れててメラニンが排出されない

という場合です。

まず、メラニンが排出できないほど作られてしまうというのは、下記の記事にも書きましたが、

肌に炎症が続いている場合ですね^^;(現代人のほとんどがこうだと思います。。)

現代のシミの原因は「紫外線」だけじゃない?○○と肌は戦っている!!

現代は紫外線だけではなく、ブルーライトや大気汚染なども大きな影響があると書きました。

ということは、肌は常になんらかの刺激を受けており、メラニンが作られやすくなっているということです。

これに関して出来ることは、やはり「日焼け止め」をしっかり塗布すること(予防)

そして、紫外線などを思いっきり受けた日は、炎症を出来るだけ早く抑えるケア(アフターケア)をすること、ですね!

アフターケアは、肌が炎症しているということですので、普通に冷やすのもいいですし、

(冷やすという意味で)パックなどもいいそうです^^

ですので、まとめると、シミを作らないためには、炎症をいかに起こさないか、炎症が起こったらいかに早く鎮めるかというのが大事になってきます!

そしてもう一つ、

私は、メラニンを作らせない肌ではなく、排出できる肌が大事になってくると思ってます。

というのも、メラニンはやっぱり肌を守るために作られます。

参考記事:メラニンが作られなければ肌はもっとボロボロになる?!~メラニンはなくなります♪~

大事なのは、それを医薬品・医薬部外品で化学的に作らせないのではなく、

肌を元気にして、ターンオーバーにて、排出させることですね^^

そうするためには、やはり肌本来の機能を邪魔しないことが一番かなと思います。

長くなったので、次回に続きます。。