Beauty

紫外線に強い肌になる!食べられるバラが話題♪

このブログでは、ローズの美容・美肌効果については散々書いてますが、

実は紫外線対策としてもおすすめ♪

その理由とはしては、バラにはポリフェノールがたっぷり含まれているからです(^^)

先日、アメブロの方の記事でも紹介しましたが、ポリフェノールは抗酸化作用があり、紫外線対策にはばっちりなのです!!

ただ、もちろんのこと、花屋で買ってきたバラは食べれません。。バラだけではなく花は、基本的に食用ではないため、実は野菜などよりも多くの農薬が使われているそうです。。

そんな中、最近は、無農薬で栽培された、”食べれる食用バラ”も増えてきました。。。というわけで、私も早速取り寄せてみましたよ(^^)

>>【国産・無農薬の食べられるバラ】ROSE LABO(ローズラボ)の詳細はこちら

今SNSで話題の食用バラはここ!!

無農薬で栽培された、安心・安全の食用バラって、まだまだ少ないのですが、そんな中でも今、一番人気なのは”ROSE LABO”さんですね(^^)

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中綾華/ROSELABO(@ayakatanaka.roselabo)がシェアした投稿

というか、社長さんがめっちゃきれい!!!

本当にいいものを紹介する時って”体現”しかないんだなと思い知らされます。。。

ROSE LABOの社長がすごい!!

ROSE LABOさんは、埼玉県深谷市の自社農園で、無農薬にて食用バラを作り、その「食べられるバラ」を加工した食品や化粧品を開発・販売をしている会社です。

代表取締役の田中綾華さんは、なんと、もともとは農業経験は全くなく(親族にも農業経験者はなし)、大学を中退し、農家に弟子入りして、バラの栽培を学ばれたそうです!!

バラを好きになったきっかけは、ひいおばあちゃんの「バラを身に着けていると、バラのように強くなれる気がするから」という言葉なのだとか。

そんな中、たまたま「食用バラ」の存在を知り、育ててみたい!と農業の世界に飛び込んだそうです。す、すごい。。

食用バラをたっぷり配合したジャムとコーディアル

というわけで、私も、食用バラをたっぷり配合したジャムとコーディアルを取り寄せてみましたよ(^^)

ちなみにポリフェノールのいいところは、熱に強い!!ということ。

栄養素は、熱に弱いものも多く、加熱処理(ジャムやコーディアルは加熱処理が必要)を行うと、ほとんどなくなってしまうのですが、これはうれしいですよね!

食用バラのジャム

材料はシンプルに、砂糖、バラ花びら、レモンのみ!!

バラの花びらが入っている上に、口に入れた時に、バラの香りが口いっぱいに広がり(なんなら鼻から抜けていく)、バラの香りを味覚・臭覚いっぱいに楽しめます。

今までもバラのジャムを取り寄せたことがあったのですが、ここまで濃厚な香りが楽しめるのはなかったですね!!

パンなどに付けるよりも、プレーンスコーンや、紅茶の甘味料として楽しむと、バラの濃厚な香りを楽しめます♪

食用バラのコーディアル

材料は、こちらも砂糖、花びら、レモン果汁、バラエキスと非常にシンプルで、安心して摂取できるのがうれしい♪

炭酸水で割ると、バラの香りを楽しめる、ほんのり甘いローズ炭酸水になっておすすめ!!

ジャムほど濃厚なバラの香りはありませんが、ほんのりピンク色になり、こちらは、視覚・臭覚を楽しめます!!

※今回は、冷凍ベリーを加えたので、色が付きましたが、コーディアルだけでは、ここまでピンクにはなりません笑

女性ホルモンが劇アップ?!

それにしても、農業をやってたら、そこそこシミが出来たり、シミが出来なくても、多少は色黒になっていくものだと思うのですが、肌きれいすぎませんか??

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中綾華/ROSELABO(@ayakatanaka.roselabo)がシェアした投稿

やはり、バラのおかげでしょうか。。。

塗ってよし、嗅いでよし、食べてよしのローズ。。女性は生活の一部に、必ず取り入れるべき!!!

ちなみに、ローズラボさんは、コスメなども販売されています♪

成分を調べてみたのですが、私が一番避けている”ポリマー”は配合されていないようです!!今度試してみようと思います!

>>【国産・無農薬の食べられるバラ】ROSE LABO(ローズラボ)の詳細はこちら